サラリーマン人生

中学校くらいからよくぼーっと考える機会が有り、そのときやんわりと考えていたのが将来は『サラリーマン』になるんだろうな、でした。
うちの父親も典型的なサラリーマンで、毎日同じ時間に出社し、帰宅は接待が無ければ大体同じ時間に帰宅、家では特に仕事の話もしないし、こちらもあえて聞くこともなかったので、その頃は父親がどのような仕事をしているのかを知りませんでした。
でも私ももうすぐ就職を迎える年になり、父親が一帯どのような仕事をしているのかにも少し興味が有り、たまたま飲みに行く機会があったのでじっくり話してみました。
父が言うにはサラリーマンはその会社のために一生懸命力を尽くし、部門に配属されればそこの仕事のプロにならなければいけないと話していました。
私も就職の事で少し相談に乗ってもらい、どのような仕事をしてみたいとか、じっくり話をする事が出来ました。
今では父が毎日働きに行ってくれてた事に感謝の日々です!

Valuable information

表札

2018/6/22 更新